格安航空会社に共通する弱点なのかも

格安航空会社バニラ・エアが、6月は機長不足による運行中止があることを発表しましたね。先月はピーチ・アビエーションで、同様の問題による欠航があったはずです。機長不足という問題は、格安航空会社全てに関係があるのかもしれません。

この問題の解決は難しそうですね。機長を多く採用すれば、欠航という事態にはならないと思います。しかし、その場合は人件費なども増えて、格安航空会社のメリットであるチケットの安さという部分が薄れてしまう可能性もあるはずです。

また、機長も人間なので、常に万全の体調であるとは限りません。そのような事態も想定して、予備の人員確保も大事だと思います。常にギリギリの状態で運行している限り、今回のような問題は起きてしまうのでしょう。
格安航空会社の各社には、それぞれ安定した運行ができる状態を作ってもらいたいですね。飛行機の遅れや欠航などといった問題を解決できれば、今後の利用者も更に増えると思います。